事業内容

プラットフォーム・技術

ヒトパラインフルエンザウイルスの特性を活かし、有効性および安全性の高い新しいタイプのワクチン用ベクター技術(生ウイルスの持つ高い細胞吸着性等の長所と不活化ウイルスの高い安全性を併せ持つベクター技術)を構築しました。 このベクター技術を用い、感染症およびがんに対し次世代型ワクチン開発をおこなっております。

     

ベクター技術

1.BC-PIVベクター(主要技術)

バイオコモは、独自技術により、ヒトパラインフルエンザ2型ウイルス(hPIV2)ベクターを基にゲノムが複製しない不活化型ベクター開発し、社名とベクターに用いるウイルス名にちなんでBC-PIVと命名しました。 生ワクチンのようにウイルスゲノムが複製せず、感染症発症のリスクはありません。 複数の種類の抗原タンパクを効率よくレシピエントに導入できる画期的なベクターです。 タンパク/ペプチド抗原を導入できる類似のワクチン用ベクターシステムとして、タンパク抗原凝集体VLP(ウイルス様粒子)ワクチンがあります。 BC-PIVは導入抗原の多様性、CTL誘導等にVLPとは異なる特性を保持しており、タンパク/ペプチド抗原ワクチンの利用領域を広げることができます。

VLP BC-PIV
作製法 凝集体形成可能な抗原をバキュロ、酵母、大腸菌等で大量発現
凝集体を回収
抗原自動取込み機能付き組換えベクターを構築(抗原タンパクの調製が不要)
独自手法による不活化(膜タンパク構造維持)
長所 VLP凝集体形成可能な抗原に対しワクチン作製が容易
製造工程が簡単
大規模な製造プラント不要
注目度が高い
複数かつ高分子量の外来抗原導入可
複数の投与経路(経鼻、皮内、皮下、筋肉内)
アジュバント不要
高い抗体、CTL誘導能
ワクチンのない感染症、がんにも対応可能
具体例HBV「ビームゲン(化血研)」「ヘプタバックス-II(MSD)」
HPV「サーバリックス(GSK)」「ガーシタル(MSD)」
開発段階:万能型インフルエンザワクチン、ワクチンのないRSV、エボラウイルス等の感染症ワクチン、がんワクチン

※具体例は開発段階を含む

BC-PIVは複数抗原を定量的に効率的にベクターの内外部に導入できるのが強みです。



2.組換えhPIV2ベクター

遺伝子組換えベクターで、治療遺伝子あるいは抗原遺伝子をベクターに搭載し、レシピエントに導入できる非伝播性のベクターで、感染細胞または組織の細胞質で搭載遺伝子が転写され治療用または抗原タンパクが産生されます。 高力価の非伝播型ベクターを産生するhPIV2のF膜タンパク発現パッケージング細胞も既に樹立済です(マスターセルバンク樹立、米国特許取得済(出願人:バイオコモ、三重大学))。 当該ベクターでは外来遺伝子(以下図ではGFP遺伝子)を、効率よく発現させることができます。



アジュバント技術

アジュバント開発
我々は樹状細胞を効率的に活性化できヒトに対する毒性の少ない物質の探索を行い、複数のアジュバント候補を見出しました。 得られた物質は単独で或いはBC-PIVとの組合せにより、効率的に樹状細胞を活性化できます。 また、BC-PIVのワクチン効果を増強することもできます。
樹状細胞の活性化の際にサイトカイン誘導を伴うものと伴わないアジュバント候補物質を見出しております。

対象疾患

ワクチンが必要な感染症あるいは免疫誘導が奏功するがんに対する以下ワクチンを開発しております。
感染症
万能インフルエンザワクチン
万能型インフルエンザ抗原M2eをベクター表面上に導入し、免疫原性を高めたワクチンで、経鼻および筋肉内投与が可能なワクチンです。
RSウィルス(RSV)ワクチン
承認されたワクチンのないRSVに対してバイオコモの技術を結集して作製したワクチンです。
RSVの大きなF膜タンパクを立体構造を維持した状態で抗原として利用できる特徴を有しています。
エボラワクチン
従来のエボラワクチンより安全性を高めつつ、有効性を保持するワクチンです。
2014年に発生したエボラウイルスの全長GPタンパクを抗原として用い、変異を導入して安全性を高めています。
がん
BC-PIVは皮内投与によりIFN-γ等のTh-1タイプのサイトカインを誘導することが確認されています。
gp100抗原等をBC-PIVに導入し、マウスメラノーマで治療ワクチンとして腫瘍増殖抑制効果が抗がん剤ダカルバジンと同等以上であることを確認しています。
当該ワクチンと免疫チェックポイント阻害剤とのコンビネーションにより難治性のがんに対する抗腫瘍効果の増強を目指しております。

我々は、BC-PIVに加え、hPIV2ベクターと3種類のアジュバントを開発しており、これら技術を用いて逸早い臨床入りを目指しております。

開発品内容
BC-PIV
(ワクチン用ベクタープラットホーム)
多様なタンパク/ペプチド抗原の自動導入可(抗原調製不要)
-ゲノムのみ不活化し、膜タンパクの構造維持(独自の不活化法)
-経鼻、筋肉、皮内投与可
-液性および細胞性免疫誘導
hPIV2ベクター
(組換えウィルスベクター)
治療用/ワクチン遺伝子導入
非伝播型システム(F遺伝子欠損)
マスターセルバンク(MCB):ICHガイドライン準拠
BC-A
(アジュバント)
自然免疫活性化・効率的樹状細胞活性化(CD80,86等)
ワクチン効果を増強

当社についての記事・論文

論文発表

1. HUMAN GENE THERAPY 24:683?691 (2013)
Title Human Parainfluenza Virus Type 2 Vector Induces Dendritic Cell Maturation Without  Viral RNA Replication/Transcription Human Parainfluenza Virus Type 2 Vector Induces Dendritic Cell Maturation Without  Viral RNA Replication/Transcription
Authors Kenichiro Hara, Masayuki Fukumura, Junpei Ohtsuka, Mitsuo Kawano, and Tetsuya Nosaka
2. Gen Ther.;21(8):775-84(2014)
Title Vero/BC-F: an efficient packaging cell line stably expressing F protein to generate single round-infectious human parainfluenza virus type 2 vector
Authors Junpei Ohtsuka, Masayuki Fukumura, Masato Tsurudome, Kenichiro Hara, Mcchiko Nishio, Mitsuo Kawano, and Tetsuya Nosaka
Page Top